健康コラム&アンケート

健康食品ってどんなもの?

ドラッグストアやインターネット上などで販売されている健康食品を利用したことがある人も多いのではないでしょうか。手軽に購入できるからこそ、健康を保持・増進できる食品とはどのようなものかをしっかりと理解した上で利用することが大切です。今回は、健康食品の定義や医薬品との違いなどを紹介します。

健康食品の定義

健康食品とは、法律で定義されているものではありません。一般的に、健康を保持・増進することを目的に販売されている食品全般のことをいいます。健康食品は過剰摂取や食物アレルギー、医薬品との相互作用などに注意が必要です。健康食品の利用者は中高年の女性が最も多く、内閣府消費者委員会の調査では日本人の4人に3人が「利用経験者」と答え、多くの人が利用していることが分かります。

健康食品の種類

国が定めた安全性や有効性などの基準を満たし、機能性などを表示できる食品のことを、保健機能食品といいます。これには、特定保健用食品・栄養機能食品・機能性表示食品の3種類があります。特定保健用食品は国が安全性や有効性を個別に審査し許可したものであり、トクホマークを付けることが許されています。トクホマークによって幅広い年代の人々から認知されるようになりました。栄養機能食品は国が定める特定の栄養成分の規格基準に適合しているものであり、ミネラルやビタミンを補給するために利用される食品を意味しています。機能性表示食品は、科学的根拠に基づき機能性を表示した食品であり平成27年4月より定められるようになりました。その他、サプリメントや栄養補助食品、健康補助食品や自然食品と呼ばれるものも健康食品です。

イメージ1

医薬品との違い

健康食品にはサプリメントなどの種類がありますが、薬機法上では医薬品とは異なる扱いです。一般的には健康食品が「健康の保持増進に資する食品全般」であり、サプリメントは「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」とされています。医薬品と異なる点は自己治癒力や免疫力により予防効果を高めることを目的としているところです。
一方、医薬品は、病気の治療などを目的としたものであり、その名称や成分内容、効能効果や用法用量、副作用などに関して、しっかりと品質や有効性、安全性についての審査が行われた結果、正式に厚生労働大臣や都道府県の知事から承認を受けたものです。医薬品には大きく分けて2種類あり、ドラッグストアや薬局・薬店などで購入できるOTC医薬品と医師または歯科医師の処方箋が必要な医療用医薬品(処方薬)があります。

まとめ

健康食品には豊富な種類があり、インターネットなどでも手軽に購入し利用できることが魅力といえます。健康食品は原則として、摂取するか否かの判断は消費者自身です。そのため、成分や用量が適切かなどを自分で調べることが大切です。厚生労働省所管の国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の『「健康食品」の安全性・有効性情報』サイトなど、信頼できる情報源から調べるようにしましょう。健康食品の特徴などを理解しながら、利用するように心掛けましょう。